2024年5月の言語的目標

スポンサーリンク

今月は!月初に!投稿!した!

英語

iOS17.4.1でApple Podcastに自動書き起こし機能がついて、F1 Nationなどを聞くのが少し楽になった。
ただ、現時点で対応言語が英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語となっており、ポルトガル語などは非対応。あと、私が聞いているポッドキャストはスペイン語でもなぜか対応されていなかった(配信者側が設定していなかったのだろうか)。


楽しいのだが個人的にリスニング難易度の高いコンテンツ。Youtubeの字幕に頼りきりである。この回は3人で喋っているので難易度が更に上がっている感じがある。
また、国籍もイギリス人(タイ登録ではあるが)、アメリカ人、オーストラリア人と綺麗に分かれた。

チーム公式が切り抜いて字幕を付けてくれるのが本当に助かる…。

お食事の話

自分のことをビスケットに例えたら…という超高難易度質問

ゾンビの話


これはアメリカのスラングの意味を答えるという動画。Aの発音に英米差を感じる気がする…。

これもTwitterやインスタに切り抜きが字幕付きで投稿されていて本当に助かる。

POOKIE

Y’ALL

BUSSIN

スペイン語

DuolingoとDropsを継続しているという感じ。
ポルトガル語のSNS投稿をスペイン語にGoogle翻訳かけて遊んだりもしている。


本当はポルトガル語がわかったらこの手のコンテンツを無限に楽しめるのだと思うのだけど(思ったより頻繁に投稿されているので)、今ポルトガル語を入れたら絶対にスペイン語とごっちゃになって訳が分からなくなること確実なので、ポルトガル語を触る時は必ずスペイン語に訳すようにして、スペイン語の方の勉強量を増やそうとしている。

あと、スペインF4の配信がスペイン語実況があっていいなと思ったのだが、たまたま見た昨年のスパRound1の配信がぐだぐだ過ぎて、今年は大丈夫かなとちょっと心配している。(まあ、他のを見る限りこのレースが一番ぐだついたのだと思うけど)


英語実況の枠なのにスペイン語実況が流れ続ける(途中で配信打ち切り、枠が立て直された)

スペイン語実況の枠ではレース終盤に配信トラブル、そのまま配信が止まった。

枠が立て直された英語実況は配信トラブル後7分ほど音声が入らない状態だったが配信自体は継続され、その後実況音声も戻った。(ちなみにレース自体は終盤に雨が降り赤旗、そのままレース終了となった)

韓国語

Duolingoのみ。しかし頭に入ってない感じがするので、別の方法も取り入れた方がよさそう。
Eテレの「ハングルッ!ナビ」の視聴もしたいのだが、あまりテレビの前に座っていられないという家庭の事情があり、あまり見られていない。

手話

Eテレを見ていたらたまたま「みんなの手話」がやっていて、「VIVANT」に出ていたドラム役の富栄ドラム氏が出ていて興味を持った。
しかし「8」を表す手話…難しい。小指が曲がらない。「手話 8」と検索しようとすると、予測検索候補に「できない」が出るくらい難しい。


この動画がなかったらその時点で覚える気力をなくしていたと思う笑
とはいえ、現状では他のことでいっぱいいっぱいなので「みんなの手話」を見る程度になると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました